住宅街

抵当権が付いている場合

不動産

抵当権付き不動産を好んで買う人はまずいません。抵当権が付いていると、一定の範囲内でしか所有権を行使することができなくなってしまいます。不完全な所有権しか手に入れることができないため、抵当権付きの不動産をそのまま売ろうとしても、買い手がつかないのが普通です。最初から買い手がつかないことがわかっていますので、一般の不動産業者に売却の仲介を依頼したとしても、断られてしまいます。でも、任意売却専門業者を利用すれば、抵当権付きの不動産でも上手く売却できる可能性が出てきます。買い手を見つけ出すためには、抵当権を抹消する必要があります。通常は、担保されている債務を完済しない限り抵当権を消してもらうことができません。でも、任意売却業者を利用すると、債務が残ったままの状態でも抵当権を抹消してもらえるようになります。名古屋には、任意売却を専門に行っている良い業者がいますので、名古屋に住んでいる人が抵当権付き不動産の売却を望んでいる場合は、その業者を利用するとよいです。

普通の個人が抵当権者の元へ直接出向いて抵当権を抹消してくれるように頼んだとしても、門前払い同様の扱いを受けてしまうのがオチです。抵当権は、確実に債務を回収するために設定する物権です。債務の履行が完了していないのに、それを担保する抵当権だけを消して欲しいと頼んでも、相手にしてもらえるはずがありません。なぜかというと、そのようなシーンにおける個人的な与信能力は、全く信用する価値がないものであるからです。しかし、任意売却を専門に行っている業者が介在する場合は事情が変わってきます。豊富な任意売却実績を有している業者が間に入っていれば、抵当権者側も信用してよいのではないかと考えるようになります。言い方を変えると、業者の実績を担保にして抵当権を抹消してもらえる可能性が出てくるのです。先程、名古屋には良い任意売却業者がいると書きましたが、その業者の活躍によって、実際に数多くの抵当権付き不動産が名古屋市内で任意売却されています。