家の模型

住宅を競売に出さない方法

地元の弁護士に依頼する

会議

任意売却というのは住宅ローンの支払いが困難になった時、自ら住宅を売却してローンの残債を支払う方法です。住宅ローンを滞納すると銀行から住宅を差し押さえられて、裁判所を通して競売にかけられてしまいます。競売では市場の相場よりもかなり安く売却されるのでローンの残債を払いきれず、借金を抱え続けることになります。任意売却をすれば相場より高く売れる可能性もあり、ローンの残債を返済できることもあります。ただし任意売却するには銀行など債権者の同意を得る必要があるので、弁護士などに依頼した方がスムーズに進みます。例えば名古屋に住居がある場合、地元の弁護士事務所に相談します。身近に相談できる弁護士がいない場合は名古屋市の公的機関に相談するとアドバイスをしてもらえます。

親子間売買のメリット

名古屋をはじめ全国には弁護士会があるので、そこに相談することもできます。また名古屋など大都市には任意売却の相談センターなどもあるので、1人で悩まずに相談することが大事です。任意売却をする場合でも工夫によっては住宅にそのまま住み続けることも可能です。それは親子間売買をするのです。親子間売買というのは住宅を子どもや孫、親戚などに購入してもらうのです。売却後は賃貸契約を結んで毎月家賃を支払うことで、そのまま住み続けることができます。引っ越しする手間が省けますし、住み慣れた家にそのまま暮らせるので精神的な安心感を得られます。ただし売買代金が相場よりも安すぎると贈与税の対象になることがあるので注意が必要です。

ローン返済不能になったら

不動産

何らかの事情で住宅ローンを返済し続けていくことができなくなってしまった場合は、ただ漫然と競売にかけられるのを待つのではなく、任意売却を検討してみるようにした方がよいです。名古屋には良い任意売却専門業者がいますので、頼りにすることができます。

詳細を確認する...

家を売る方法

家と電卓

任意売却はローンが残っているけれど物件を売却したい方にためのサービスです。抵当権を抹消する事ができ、さらにプライバシー保護も行えます。名古屋で任意売却するなら競売よりも利点が多いので利用してみるといいでしょう。

詳細を確認する...

抵当権が付いている場合

不動産

抵当権付き不動産がそのまま売れることはまずありません。誰しも完全な形での所有権の取得を望んでいますので、まず抵当権を抹消する必要があります。そのような時に役に立ってくれるのが、任意売却業者です。名古屋にはとても評判の良い任意売却業者がいますので、重宝することができます。

詳細を確認する...